faaamについて

品川瑶子・皓亮の夫婦で運営し、子育て家庭の平和学を発信しています。

『faaam』の由来

英語の『family(=家族)』から着想しました。

お父さん(father)とお母さん(mother)の間に、元気な子供たちがいる家族のイメージです。

読み方の『ファーム』は「農園」の意味も含み、養分たっぷりの家庭という土壌で

子供たちがスクスクと育っていってほしいという想いも込められています。

『faaam』のロゴはオーキ・ミワ様に作成いただきました!ありがとうございました!

家族紹介

faaam共同代表。長女を緊急帝王切開、その後、長男次男をVBAC(帝王切開後の経腟分娩)で出産。
1枚布での抱っこおんぶが得意な、抱っこおんぶ紐マニア。
学生時代にはダンスに熱中し、出産後は同志と共に『抱っこdeダンスの輪』を立ち上げる。
現在は乳幼児親子向けにダンスレッスンやゲストを招いた子育て関連講座を企画・主催。
バレトン®のインストラクターでもある。
好奇心旺盛で楽しいことが大好き。考えるよりも先に動くタイプ。

▼Instagram

faaam共同代表。いちおう3児の父。しくじりパパ。
女性のライフキャリア支援を行うベンチャー企業にて、人事執行役員、キャリアコンサルティングなどに従事。年間約200名のキャリア面談、アドバイスを行い、それぞれの思い描く未来へ向かうキャリアデザインを支援している。
知的探求心が高く、とにかく勉強好き。妻の出産や子育てにおいては様々な失敗を経験し、そこから学んだことをベースに『子育て家庭の平和学』という独自の家庭論を展開。
弁護士でもあり、『日本一やさしい法律の教科書』(日本実業出版社)など著書3冊。難しい話を誰にでもわかりやすく伝えるのが得意。

▼note

▼Twitter

▼Instagram

 

2015年12月生まれ。難病のレット症候群。よく笑い、よく食べる、我が家の癒し担当。

 

2017年8月生まれ。活発で明るく、目立つタイプだが、内面は優しく繊細。

 

2019年7月生まれ。心も身体もたくましい、甘え上手な末っ子。